MB-S1/10

2012年3月28日水曜日

S1で遊んだゲーム その1

 「北京」という麻雀パイを使ったゲームです。
「四川(省)」とか「青島」とか「二角取り」とか様々な名前がついていましたがこれは「北京」です。
S1専用に辻川さんがプログラミングした作品です。
1988年10月に発表されました。
 エスケープキーを押すと遊び方の説明があります。
2回以内の移動で隣接すれば取れるというものです。
まるで製品版ソフトのような親切なソフトですね。
これはキーボードバージョンです。
この他にマウスバージョン、マウス&キーボードバージョンと
3種類存在していました。
マウスバージョンは牌の指定が楽でした。
(しかし、所有マウスが純正じゃなく訳の分からない鉄球マウスだったので重かった)


デモまでついていて、遊び方がこれで分かるようになってます。というか、単純なゲームなのですぐに理解できますよね。

0 件のコメント:

コメントを投稿